使い方・用語説明

ハタゴイソギンチャク

ハタゴイソギンチャク

基本情報

【学 名】
Stichodactyla gigantea
【分 布】
西部太平洋・インド洋
【体 長】
直径40cm
【飼育レベル】
比較的容易

説明

インドネシアやスリランカなどから多く輸入されている、大型のイソギンチャクです。クマノミやカクレクマノミ、セジロクマノミといったクマノミ類が主に共生します。
数かずのカラーバリエーションが知られていて、波を打つように口ばんを広げるのが特ちょうです。よく似た種類にイボハタゴイソギンチャクがいます。こうしたイソギンチャクの仲間には、やや毒性の強い種がいて、皮ふのかびんな愛好家の場合は、取りあつかう際、手ぶくろを着用したほうがよいでしょう。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ