使い方・用語説明

ユリカモメ

ユリカモメ

基本情報

【別 名】
black-headed gull(英名)
【分 類】
チドリ目カモメ科
【生息地】
ユーラシア大陸北部ではんしょくし、冬は南下。日本では冬鳥
【体 長】
約40cm
【体 重】
【え さ】
魚、生ゴミ、こん虫、木の実
【その他】
『伊勢物語』や『万葉集』など、古典文学によまれた「都鳥」は、ユリカモメであるといわれている。

説明

冬になると日本各地にやってくる冬鳥で、つばさは灰色がかっており、全体に白く、足とくちばしが赤い。夏は、頭が黒かっ色になる。海岸や港、湖や川のほかに、公園の池など市街地にもやってくる。魚を食べるが、死んだ魚や生ゴミもエサとなる。他のカモメのなかまと同じように、足の指には水かきがあり、水面を泳ぐ。