使い方・用語説明

ムクドリ

ムクドリ

基本情報

【別 名】
grey starling
【分 類】
スズメ目ムクドリ科
【生息地】
アジア東部。日本では留鳥。北海道では夏鳥
【体 長】
約24cm
【体 重】
【え さ】
こん虫、果実
【その他】
童話『椋鳥(むくどり)の夢(ゆめ)』は、ムクドリ親子の愛情を書いた名作。『泣いた赤おに』で知られる童話作家・はまだひろすけの作品。

説明

住宅地や畑、しば生などでよく見かける。畑や草地などでは、地面を歩いてくちばしで土をつっつき、こん虫などのエサを探す。全体に黒っぽい灰色をしているが、くちばしがオレンジ色で顔が白いため、見分けがつきやすい。巣は木の穴や建物のすきまなどを利用するが、最近は、人家の屋根、雨戸の戸ぶくろ、はい水口などにもつくる。「キュルキュル」「リャーリャー」と鳴く。