使い方・用語説明

フラミンゴ

フラミンゴ

(C)Andrew Mitchell

基本情報

【別 名】
flamingo(英名)
【分 類】
フラミンゴ目・フラミンゴ科
【生息地】
ヨーロッパ、アフリカ、中央アジア、ガラパゴス諸島など
【体 長】
約1〜1.5 m
【体 重】
約2〜4kg
【え さ】
えび、虫、も
【その他】
川や湖のあさせで、えび、もなどを食べ、その食料がピンクや赤の羽毛をつくるもとになる

説明

ピンクや赤、白などあざやかな色の羽毛でおおわれ、すらりとのびた長い足と首がとくちょう。どう体と比べた足の長さは他のどの鳥よりも長い。川や湖のあさせで長い首を水面につけて食料をとる。下側に曲がったくちばしの中はくしの歯のようになっていて、水をすいこんだときに、そこにひっかかった小さなえび、もなどを集めて食べる。大きなむれをつくるのもとくちょうで、100万びきのむれをつくることもある。これは、フラミンゴが気温の変化に強く、他の鳥が生きられないような土地で暮らすことができたり、ことなる食料を食べたりするためといわれている。川や湖のあさせで暮らしているが、水が少なくなったり、干上がるなどして食料が少なくなると、夜の間にむれでいどうする。