使い方・用語説明

コンドル

コンドル

基本情報

【別 名】
ハゲタカ(コンドル類やハゲワシ類のいっぱんてきな呼び名)
【分 類】
タカ目コンドル科
【生息地】
クロコンドル:南北アメリカ、トキイロコンドル:中央・南アメリカなど
【体 長】
約1.3m
【体 重】
約15kg
【え さ】
死肉、虫、鳥、ほ乳類、魚など
【その他】
コンドル類は、南米のアンデス地方ででは「神さまの使い」として大切にされている。

説明

コンドル類は肉食性だが、あまりかりをせず、死んだ動物の肉を食べる。世界に7種類ほどいて、つばさを広げるとはばが3m以上にもなる大きな鳥もいる(写真はトキイロコンドル)。コンドル類はその大きなつばさで上しょう気流(上にむかう大気の流れ)にのってとび、高い空から死んだ動物をさがして食べる。くびのつけねに白い羽毛があり、顔や頭にはない。これは、死んだ動物の内臓などを食べるときにじゃまになるからといわれている。

コンドル類はタカ目にわけられているが、むしろコウノトリに近いと考えられている。同じように死んだ動物の肉を食べる鳥にハゲワシ類がいる。ハゲワシ類は同じタカ目でもタカ科の仲間で、アフリカやユーラシア大陸にすんでいる。