使い方・用語説明

ハクチョウ

ハクチョウ

基本情報

【別 名】
swan(英名)
【分 類】
ガンカモ目・ガンカモ科
【生息地】
アメリカコハクチョウ:シベリア、北アメリカ、日本、オオハクチョウ:シベリア、日本など
【体 長】
約120〜150cm
【体 重】
【え さ】
ガマのくきや根、エビ、水生こん虫など
【その他】
ガンカモ目の中で、オオハクチョウ、アメリカコハクチョウなど大型の鳥をハクチョウとよぶ。

説明

首が長く、足は短い。羽の色は白で、黒い羽をもつコクチョウもなかまにふくまれる。北半球ではんしょくするものは、春から秋にかけてシベリアなどで子どもを生み、冬にはむれで日本など南へわたる。北海道や本州北部に冬鳥として飛んでくるオオハクチョウは、つばさをひろげたときのはばは2m以上と大きく、体が重いため長いじょそうが必要。くちばしの先が黒く、つけ根は黄色い。同じく冬鳥としてやってくるアメリカコハクチョウはオオハクチョウより体がやや小さく、くちばしの大部分は黒い。