使い方・用語説明

アカゲラ

アカゲラ

基本情報

【別 名】
キツツキ、great spotted woodpecker(英名)
【分 類】
キツツキ目キツツキ科
【生息地】
ユーラシア大陸、アフリカ北部。日本では北海道、本州
【体 長】
約20cm
【体 重】
約100g
【え さ】
こん虫、果実
【その他】
日本で「キツツキ」といえば、アカゲラのこと。

説明

くちばしで木の幹にあなをあけて、長くのびる舌で木にいる虫を食べる。木にあなをあけて巣をつくったり、木の皮をはがしたりすることもある。飛ぶ力の弱い留鳥で、日本では山地の落葉広葉樹の林ではんしょくし、あまり移動はしない。「キョッ、キョッ」と鳴き、はんしょく期には、木の幹をくちばしでたたいて「タララララ」という音を出す。後頭部と下腹部が赤い。