使い方・用語説明

シジュウカラ

シジュウカラ

基本情報

【別 名】
great tit(英名)
【分 類】
スズメ目シジュウカラ科
【生息地】
モンゴルをのぞくユーラシア大陸、アフリカ北部。日本各地
【体 長】
約15cm
【体 重】
【え さ】
こん虫、クモ、種子、果実
【その他】
日本各地ではんしょくし、冬をすごす留鳥。林や公園、住宅地など、日本じゅうで見かけることができる。

説明

木の幹のあなや巣箱のほか、石灯ろうや石がきのすき間など、さまざまな場所を巣として利用する。シジュウカラをはじめ、コガラやエナガなどのカラ類は、冬には仲間で群れてすごすことがよくあるが、そのなかでシジュウカラは、地面近くでエサを探すことが多い。ほおが白く、胸から腹にかけて黒い帯が入っている。背は緑がかった黄色。