使い方・用語説明

ゴイサギ

ゴイサギ

基本情報

【別 名】
Night Heron(英名)
【分 類】
コウノトリ目サギ科
【生息地】
オセアニア以外の温帯、熱帯地方。日本では本州、四国、九州
【体 長】
約60cm
【体 重】
【え さ】
魚、カエル、こん虫、エビ
【その他】
「ゴイサギ」の名は『平家物語』から。平安時代、醍醐天皇がこのサギに「五位(ごい)」のくらいをあたえたことが由来。

説明

昼間は木の上で休み、夜になると群れで水辺に移動する夜行性の鳥。水辺では、魚などのエサがくるのをじっと待ってとらえる。夜、飛びながら「クワーッ、クワーッ」と鳴くことから、「ヨガラス(夜烏)」ともよばれる。松林や雑木林で、ほかのサギとともに集団ではんしょくする。成鳥と幼鳥の姿がまったくちがうのが特ちょうで、成鳥は頭部から背にかけて黒く、つばさは灰色で白いかん羽をもつ。幼鳥は全体に茶色く、白いはん点がある。