使い方・用語説明

コブハクチョウ

コブハクチョウ

基本情報

【別 名】
mute swan(英名)
【分 類】
カモ目カモ科
【生息地】
ユーラシア大陸。日本では各地で飼育
【体 長】
約140cm
【体 重】
約12kg
【え さ】
水草、草の葉、根、種子など
【その他】
オランダの国鳥。

説明

ハクチョウの仲間。全身が白色で、オレンジのくちばしのつけ根にくろいこぶがあり、「コブハクチョウ」と名づけられた。ヨーロッパでは、中世に「王の鳥」といわれたほど、優がな姿が古くから好まれてきた鳥で、日本にも輸入された。現在は、公園などの池に放し飼いにするなど、各地で飼育されている。つがい関係が長続きし、オスとメスが同じ色をしている。