使い方・用語説明

アトリ

アトリ

基本情報

【別 名】
fringillidae(英名)
【分 類】
スズメ目 アトリ科
【生息地】
ユーラシア大陸北部ではんしょくし、冬は南部やアフリカ北部へ渡る。
【体 長】
約16cm
【体 重】
【え さ】
こん虫、種子
【その他】
アトリの仲間は、「アトリ」と「ヒワ」に分けることができる。

説明

日本では冬鳥。秋から冬にかけて大群で訪れる。昼間は森や林、農耕地などの低地や低山帯ですごし、小さな群れでえさを探す。夜は大きな群れでねむることが多い。鳴き声は「キョ、キョ」。アトリはくちばしが太く、木の実や種子を食べるのに適している。これは、アトリ科の鳥すべてに共通する。体は栗色や黒色で、胸は茶色。腹は白い。