使い方・用語説明

カルガモ

カルガモ

基本情報

【別 名】
spotbill duck
【分 類】
カモ目カモ科
【生息地】
アジア南部。日本では北海道では夏鳥、本州より南では留鳥
【体 長】
約60cm
【体 重】
【え さ】
植物の種子、水草、こん虫、エビなど
【その他】
全国各地の公園の池や湖やぬまなどの水辺にすむ。

説明

5月から8月にかけて、親鳥がヒナたちをつれて陸上を歩く姿が話題となるカモの仲間。北海道を除き、全国各地の公園の池や湖やぬまなどの水辺にすむ。草を使って皿のような形の巣をつくり、水辺の草地ではんしょくする。カモの仲間は、毎年、はんしょく期になるとオスが美しくなるが、カルガモは1年じゅうオスとメスがほとんど同じ色で、くちばしの先が黄色いのが特ちょう。