使い方・用語説明

アンボイナホカケトカゲ

アンボイナホカケトカゲ

基本情報

【学 名】
Hydorosaurus amboinensis
【分 布】
インドネシア、ニューギニア
【飼育レベル】
比較的容易

説明

本種の学名(属名)には、「水のトカゲ」という意味があるくらいで、水辺やその周辺を好んでせいそくしています。泳ぎもとても上手です。
写真の個体はまだ若く、和名の由来にもなっているほ状のヒレはほとんど発達していませんが、よく成熟したオスでは、体高の高さにもひってきするほどの立派なヒレとなります。全長は大きな個体では1mをこえます。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ