使い方・用語説明

アオハナムグリ

アオハナムグリ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
コウチュウ目 コガネムシ科
【生息地】
北海道〜九州
【体 長】
約15〜20mm
【出現期】
春〜秋
【え さ】
花のみつ、樹液など
【その他】
ハナムグリの仲間は、成虫が春に花のみつや花粉などを食べるために花の中にもぐっている様子から、こう呼ばれるようになった。

説明

コガネムシの仲間であるハナムグリの1種。カナブンと近い仲間で、体のおおきさはずっと小さい。体の表面は緑色で白っぽいはん点もようがあり、裏側と足は赤茶色。全体が金属のように美しくかがやいているのが特長だ。成虫は花が大好きで、春になると花粉や花のみつを食べている姿がよく見られるが、秋には木のみきにとまって樹液を吸ったり、熟した果実に集まったりすることもある。また、幼虫はくち木やふよう土の中で育つ。