使い方・用語説明

アオドウガネ

アオドウガネ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
コウチュウ目 コガネムシ科
【生息地】
本州、四国、九州
【体 長】
約15〜25mm
【出現期】
【え さ】
モモ、サクラ、イタドリなどの葉
【その他】
おきなわでは、アオドウガネの幼虫がさとうきびの根をたべてしまい、農家の人がとても困っている。

説明

コガネムシの仲間で、ずんぐりとした体つきをしている。体はきれいな緑色をしていて、胸と羽の付け根のところが少しこい色に見える。頭の両側に、ふく眼と短いしょっ角があり、足はややかっ色がかっていて、後足は長くとげがある。都会などでもよく見られ、蒸し暑くなると大発生することがある。幼虫は植物の根を食べ、成虫も、葉っぱがぼろぼろになるまで食べつくすので、農家や園芸家などから害虫とされている。よく似たものにヤマトアオドウガネという種類がある。