使い方・用語説明

タイコウチ

タイコウチ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
カメムシ目 タイコウチ科
【生息地】
本州〜九州
【体 長】
約30mm
【出現期】
春〜秋
【え さ】
ほかのこん虫、小魚、カエルなど
【その他】
タイコウチという名前は、楽器のたいこをたたいているようなかっこうに見えることから付けられた。

説明

こい茶かっ色の細長い体に、小さな頭と、がっしりとした強い前足を持ち、タガメを小さく、細くしたような姿をしている。池やぬま、水田などにすんでいて、おの先にあるとても長い呼吸管を水の上に出して、さかさまになって息を吸う。水辺の、どろの中に卵を産み、ふ化したばかりの幼虫は真っ赤な体をしている。成虫のまま冬をこす。