使い方・用語説明

シロスジカミキリ

シロスジカミキリ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
コウチュウ目 カミキリムシ科
【生息地】
本州より南
【体 長】
約50mm
【出現期】
【え さ】
クヌギなど
【その他】
シロスジカミキリの幼虫は「テッポウムシ」と呼ばれて、木を食いあらす害虫としてきらわれることが多い。

説明

日本にいるカミキリムシの中でも、一番体が大きな種類。灰色っぽい体色で、胸と前羽に白やうすい黄色のもようがある。また、強い足と太くて長いしょっ角、大きな複眼を持っていて、木にとまっている姿ははく力がある。メスはするどくて強い大きなあごで木のみきをけずって卵を産み、ふ化した幼虫は木の中を食べながら育つ。また、成虫のまま冬をこす。成虫には胸に音を出す器官があってつかんだり、おどかしたりすると「ギコギコ」と音を出してもがく。