使い方・用語説明

コノハムシ

コノハムシ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
ナナフシ目 コノハムシ科
【生息地】
マレーシア
【体 長】
約60mm
【出現期】
【え さ】
マメ科の植物の葉
【その他】
熱帯アジアには、ホンコノハムシやオオコノハムシなどいくつかの種類がいる。

説明

マレーシアにすむコノハムシは、大きく分けるとナナフシの仲間に入る。ナナフシと同じように植物そっくりにぎ態するが、その変装はナナフシよりすごい。平べったい体、葉のつけ根のように細い頭と首と胸、やはり葉っぱのような足、葉脈を思わせる羽のもようなど、どこから見ても木の葉っぱとほとんど見分けがつかない。体の色も緑だけでなく、かれ葉のように赤茶けたものがいる。メスの方がより葉っぱに似ているが、メスは後ろの羽が退化していて飛べない。マメ科の木の葉を食べる。また、卵は植物のたねに似ている。