使い方・用語説明

オオカマキリ

オオカマキリ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
カマキリ目 カマキリ科
【生息地】
本州〜九州
【体 長】
約70〜100mm
【出現期】
夏〜秋
【え さ】
ほかのこん虫など
【その他】
カマキリの仲間の多くは、こうびの最中や終わった後に、メスがオスを食べてしまうことがある。

説明

カマキリの仲間は、三角形の頭に、細長くてしっかりとした胸、大きくて太いおなかを持っている。カマキリという名前は、えものをとらえる前足が、農業などに使う「かま」に似ていることからつけられた。オオカマキリは、全身がうすい緑色か、かっ色がかった緑色をしていて、名前のとおりとても大きい。飛ぶ時や、敵をいかくする時などに前の羽を広げる習性がある。また、後の羽はこいむらさき色をしている。メスは「卵のう」という大きなふくろをつくってそこに卵を産む。卵で越冬し初夏に孵化する。ひとつの卵のうからは、100ぴきをこす幼虫が産まれる。