使い方・用語説明

トビイロツノゼミ

トビイロツノゼミ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
カムムシ目 ツノゼミ科
【生息地】
北海道〜九州
【体 長】
約5mm
【出現期】
春、夏
【え さ】
フジ、クワなどしる
【その他】
ツノゼミの仲間は、胸の前のところが大きく発達して頭や体をおおい、角のように見えることからこう呼ばれる。

説明

日本に10種類くらいいるツノゼミの1種で、体が鳥のトビの羽色(茶かっ色)に近い色をしている。成虫も幼虫も、フジやクワなどの木の汁を吸う。トビイロツノゼミなどツノゼミの幼虫は、アリとの間で、アリとアブラムシのような共生関係をつくることで知られている。幼虫があまいはいせつ物を出すと、それにひきつけられたアリがなめにやってくる。するとほかの虫などが近づきにくくなるため、結果として、アリはトビイロツノゼミの幼虫を敵から守っていることになるのだ。