使い方・用語説明

サソリ

サソリ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
サソリ目
【生息地】
おきなわなど
【体 長】
約20〜70mm
【出現期】
1年中
【え さ】
ほかのこん虫など
【その他】
西アフリカにいるダイオウサソリには、体の長さが20cmになるものもいる。

説明

サソリはこん虫ではなく、クモやダニと近い仲間だ。こん虫は足が6本あるが、サソリには歩くための足が左右3本ずつ6本あるのに加えて、頭の両側から大きなはさみが生えているので、全部で8本の足がある。また、おなかはしっぽのように長くのびて反り返り、先には毒が出る針がある。外国にはとても強い毒を持つ種類のサソリもいるが、日本のおきなわにいるヤエヤマサソリやマダラサソリ(小笠原にもいる)などの毒はそれほど強くはない。ふだんは木の皮の裏や家のまわりなどにいて、夜になると動き出してこん虫などを食べる。サソリの仲間は、メスのおなかの中で卵がふ化し、親は子どもをとても大切に育てることでも知られている。