使い方・用語説明

クマバチ

クマバチ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
ハチ目 コシブトハナバチ科
【生息地】
本州、四国、九州
【体 長】
約22mm
【出現期】
春〜秋
【え さ】
花粉やみつ
【その他】
「クマンバチ」とまちがえられることが多いが、それはスズメバチの別の呼び方。クマバチはミツバチの仲間で、大きいけれどおとなしいハチだ。

説明

黒い体で、むねのあたりに黄色い毛がたくさん生えていて、キムネクマバチとも呼ばれる。オスの頭にはあわい黄色をした三角形のもようがあり、複眼の間が少しせまい。初夏、オスは開けた場所に縄張りをはり、ホバリング飛行しながらメスが通るのを待つ。2センチ以上ある大きなハチだが、ミツバチの仲間でおとなしく、人をこうげきしたり、さしたりすることは少ない。ミツバチやスズメバチのように大きな巣を作って集団で生活することはせず、かれた枝や、建物のすき間などに巣を作り、ツツジやフジなどの花から集めた花粉やみつをこねて団子にしたものを幼虫にあたえる。