使い方・用語説明

クツワムシ

クツワムシ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
バッタ目 キリギリス科
【生息地】
本州(関東より西)、四国、九州
【体 長】
約30〜35mm
【出現期】
夏〜秋
【え さ】
雑食
【その他】
「くつわ」とは、ウマにたづなを付けるための金具のこと。「ガチャガチャ」という鳴き声がそのくつわが立てる音に似ていることから、この名が付けられた。

説明

キリギリスの仲間で、草原や林の下草に住んでいる。鳴く虫として知られていて、オスは前羽にある発音器をこすりあわせて、「ガチャガチャ」とくりかえし鳴く。体の色が緑色のものとかっ色のものがいて、前者は草の葉のように、後者はかれ葉のように見える。幼虫の頃は両方ともきれいなうす緑色をしている。頭は小さめで、細くて長いしょっ角に、黒いまだらもようがある。マントをはおったような、はば広くて大きい羽が特長だ。また、後足はとても長いが、体の大きさのわりにやや細い。メスは少し曲がった産卵管で、土の中に卵を産み、卵で冬をこす。