使い方・用語説明

アオバハゴロモ

アオバハゴロモ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
カメムシ目 アオバハゴロモ科
【生息地】
本州、四国、九州、他
【体 長】
約7mm
【出現期】
【え さ】
クワ、ミカンなどの木のしる
【その他】
「はごろも」は日本の伝説に出てくる、鳥の羽でできたうすくて軽い服のことで、漢字では「羽衣」と書く。天の人が着て空を飛ぶと言われている。

説明

成虫は、羽を広げても1cmほどの小さな虫で、伝説上の羽衣を思わせる姿をしていることからこう名づけられた。体と前の羽がうすい緑色をしていて、全身が白い粉におおわれている。後の羽は白いが、普段は前の羽に隠されていて見えない。幼虫は体に白い綿状のロウのようなものをつけている。成虫も幼虫もクリやクワ、ミカンなどの木に寄生し、そのしるを吸って生活している。アオバハゴロモだけでなく、ハゴロモ科のこん虫の多くが木に寄生して弱らせるため、農業にひ害をあたえる害虫とされている。