使い方・用語説明

イラガ

イラガ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
チョウ目 イラガ科
【生息地】
北海道〜九州
【体 長】
約15mm
【出現期】
【え さ】
幼虫はカキ、ウメ、リンゴ、ナシなど
【その他】
鳥のたまごのようなかたちをしているイラガのまゆは、「スズメノタマゴ」や「たまむし」などと呼ばれる。

説明

イラガは全身が黄色っぽく、前のはねの外側が少しこい色をしている。イラガの仲間には、イラガ、アオイラガ、ナシイラガなどがいる。どれも、はねを開いても3cmほどと小さく、胸のあたりがずんぐりとしているのが特長だ。まゆは鳥の卵のような形をしていてとてもかたく、うすい灰色の表面にいろいろなもようがあり、木の枝などにくっついている。でも、幼虫にはさわってはいけない。ひらべったい体から毒のある針が生えていて、皮ふにさわるととびあがるほど痛いからだ。一度さされると、しばらく痛みが続く。このため、イラムシやデンキムシと呼ばれることもある。また、成虫は口が退化していて何も食べない。