使い方・用語説明

イバラヒゲナガアブラムシ

イバラヒゲナガアブラムシ

Copyright(C) 2016 UNNO PHOTO OFFICE All Rights Reserved.

基本情報

【分 類】
カメムシ目 アブラムシ科
【生息地】
北海道〜九州
【体 長】
約2〜3mm
【出現期】
夏〜秋
【え さ】
バラの枝やつぼみ
【その他】
イバラヒゲナガアブラムシには、羽があるものと、ないものがある。

説明

うす緑色で、やわらかい、とても小さな昆虫。頭はやや赤みがかっていて、長いしょっ角が生えている。バラのつぼみや、まだ若い枝に寄生して、口のとがった部分をさして液を吸う。ほかのアブラムシの仲間と同じように、夏など環境のよい時にはメスだけで幼虫を産んで数を増やし、秋になるとオスとメスとに分かれて、たくさんの卵を産む。おなかの先からあまいみつを出し、それを求めてやってくるアリに守ってもらう共生関係をつくることで知られる。このため、「アリマキ」とも呼ばれる。アブラムシの仲間は世界中に何千種もいて、日本にも数百種いる。