使い方・用語説明

エジプシャン・マウ

 エジプシャン・マウ

古代エジプトのパピルスにえがかれた、はん点模様(スポット・タビー)のネコに生き写しです。

【原産国】
アメリカ(エジプト)
【発祥年代】
1953年
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
シルバーなどの斑点模様
【目の色】
明るいグリーン

外見のとくちょう

むだのない筋肉質なボディは、やや細身で野生味を感じさせ、バランスのよい体形です。やや丸みのあるクサビ型の顔、大きな耳がきびんさを表現して、正面から見た鼻筋は全体的に同じはばです。アーモンド型の目にはちょっぴりさびしさがただよい、独特な表情を見せます。

毛のとくちょう

シルバー、ブロンズ、スモークの三つの毛色に、地色からハッキリとうかびあがったはん点の模様(スポット)が、まるで体全体に花びらをちりばめたような美しいネコです。目の色は明るいグリーンで、味わい深いみりょくをもっています。

性格

きわめて頭のよいネコで、飼い主にはとてもあまえんぼうです。

歴史

「マウ」はエジプト語でネコの意味です。ピラミッドのへき画にエジプシャン・マウに似たスポット(はん点模様)の古代の家庭ネコがえがかれているように、その歴史は紀元前1400年の古代エジプトで発しょうした「イエネコ」のルーツまでさかのぼります。
第二次世界大戦後の1953年にエジプトからもたらされた美しいスポットのメスネコがイタリアの王女に飼われる事になり、やがて2匹の子ネコを生みました。そこで生まれたオスの子ネコを母ネコに交配して、現在のエジプシャン・マウの基そが築かれました。1957年、激動する政変によってトロベッキィ王女はアメリカに亡命しましたが、そのうでの中にはマウのネコたちがいだかれていたという事です。
美しくて、心やさしいエジプシャン・マウは、次第に人びとの心をとらえ、計画的にはんしょくされて、1977年にCFAで公認されました。

ペットとして飼う場合

飼育環境

遊ぶのが大好きで、よく動き回ります。部屋は広さよりも高さを工夫するとよいでしょう。

お手入れのぽいんと

両手でマッサージをすればピカピカとした毛づやが出ますが、絹の布を利用すればもうひときわかがやきが増して美しくなります。油質のネコには、人間用のクレンジングフォームがおすすめです。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ