使い方・用語説明

エキゾチック

 エキゾチック

丸い顔に小さな耳、短い鼻、大きなまん丸の目、ふくらんだほっぺ、短くてモコモコしたひ毛は、テディベアを思わせる太っちょ猫です。

【原産国】
アメリカ
【発祥年代】
1960年代
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
すべての毛色
【目の色】
毛色に適合

外見のとくちょう

横から見ると正方形の体形で、短くて太いずんぐりとしたどう体には、短い首、短い足、短いしっぽが似合います。丸くて大きな頭に、小さな耳がはなれてついています。まん丸に開かれた大きな目、ペチャンとつぶれた短い鼻。丸くて力強いあごは、しっかりしたかみ合わせです。

毛のとくちょう

ペルシャ猫の愛らしさとすべてがいっしょなのに、毛だけが短くなって「パジャマ姿のペルシャ猫」のようだといわれます。やわらかくて、厚いビロードのような手ざわりのひ毛。毛色はたさいで、数多くの毛色が認められています。

性格

おっとりした性格に、ヤンチャな面もあります。

歴史

1950年代にははんしょく計画がスタートしましたが、1966年にはペルシャ猫(チンチラ・シルバー)とアメリカン・ショートヘアー(シェーデット・シルバー)の間に生まれた猫は、現在のエキゾチックを思わせるもので、そのため一時は「スターリング・シルバー」と呼ばれたこともありました。エキゾチックは、ペルシャ猫を基礎に毛の短い家庭猫やアメリカン・ショートヘアーと交配され、さらにペルシャ猫に戻し交配されて生み出されました。1967年には「エキゾチック・ショートヘアー」の名しょうに統一され、CFAにより公認されましたが、現在ではペルシャ猫の短毛種であることから、「エキゾチック」と呼ばれています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

せまい部屋でもいつのまにかジャングルにして、自然の素晴らしさを演出してくれます。広さよりも高さのある遊び場を工夫してください。

お手入れのぽいんと

ペルシャ猫のまん丸に開いた大きな目、短い鼻、小さな耳、ずんぐりした太った体形、そんな愛らしさとともに、毛が短くなって手入れも簡単になりました。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ