使い方・用語説明

アメリカン・ワイヤーヘアー

 アメリカン・ワイヤーヘアー

ニューヨークこう外で生まれたごう毛のこのネコは、一見するとふつうのネコですが、体にさわると、アッとおどろくほどバリバリのかたい毛質をしています。

【原産国】
アメリカ
【発祥年代】
1966年に発見
【毛の種類】
短毛(剛毛)
【毛の色】
すべての毛色
【目の色】
毛色に適合

外見のとくちょう

小太りでガッシリとしたバランスのよい体形です。頭の形は丸く、ほお骨が出ていてほっぺに少しだけへこみがあります。愛らしい大きな丸い目はややつり気味に大きく開き、かがやいています。

毛のとくちょう

1本1本のひ毛は縮れたり、折れ曲がったりして、ブラシのようにかたく、密度とだん力があります。フワフワしたやわらかい毛はNGです。毛色はすべての色(白、黒などの単色、二毛、三毛、複合色)が認められています。

性格

陽気で活発に動き、健康で病気に強いネコ種です。

歴史

1966年、ニューヨークこう外の農場で、ふつうのアメリカン・ショートヘアーが生んだ子ネコの中に、1匹だけ不思議なひ毛をしたオスネコがいました。ネコは通常、「ネコ毛」といわれるやわらかいひ毛をしていますが、このオスネコのひ毛は縮れてゴワゴワしたあらい手ざわりをしていました。ウイリアム・ベック夫妻とオージャー婦人は共同研究により、このオスネコ「アダム」と同じ母親から生まれた姉妹ネコに交配し、つぎつぎにめずらしごう毛の子ネコを増やして、ワイヤーヘアー種のきそを作りました。
1967年に血統登録が始められ、次第に愛好者が増えて、1978年にCFAで公認されました。現在、このねこのはんしょくにはアメリカン・ショートヘアーとの交配が認められています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

飼育かんきょうは清潔にしましょう。カベ紙は、ツメあとを残さないフっそコーティングされたものがよいでしょう。

お手入れのぽいんと

もつれ毛もないし、ぬけ毛が少ないので手入れも簡単です。季節に応じて蒸しタオルなどで体をふいてあげてください。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ