使い方・用語説明

ロシアン・ブルー

 ロシアン・ブルー

エメラルドのような美しいグリーンの目をもつ、ロシア貴族に愛されたブルーのネコです。

【原産国】
北欧
【発祥年代】
1800年代の頃
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ブルー(青灰色)
【目の色】
グリーン

外見のとくちょう

長いどう体は骨格が細く、あしは長くてきゃしゃに感じ、全体的にしなやかで優美に見えます。たんせいな顔つきは、横からみると長くて平たんで鼻筋がますっぐ高いです。口元には独特のふくらみがあり、ほほ笑んだような「ロシアンスマイル」を感じさせます。

毛のとくちょう

あわいブルー(青灰色)の毛色は毛先を銀色に染めて、ちょっとはなれ気味の目はエメラルドグリーンにかがやき、人びとをみりょうします。毛質は分厚いダブルコート(二重毛)で、高級なビロードの手ざわりがします。毛色はブルー(青灰色)だけで、毛先が銀色にかがやきます。あわい色合いで、ムラやしま模様のないことが大切です。

性格

飼い主を信らいするあまり、他人にはけいかい心が強いシャイなネコが多いようです。

歴史

ブルーの毛色のネコは希少なためか、世界各地で大切にされていました。中でもロシアン・ブルーはロシアてい国の貴族が愛育していたと伝えられ、そのイメージが名前の由来になるなど、ちょっぴり気高さを感じさせます。
ルーツについては諸説さまざまですが、1800年代の中ごろに北ヨーロッパまたはロシアで誕生し、やがてイギリスで開花して、1888年にロンドンで開さいされたキャット・ショーに出された記録が残されています。その呼び方は、アーケエンジェル、スパニッシュ・ブルー、マルチーズ・ブルー、またはブリティッシュ・ブルーと変化しましたが、イギリスにおいてロシアン・ブルーと名づけられました。
アメリカでは、1900年代の初期に血統登録されましたが、その人気が定着したのは1960年代です。現在の日本では、アメリカをこえる人気ネコになっています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ネコにとっての自由なかんきょうは、部屋の中で飼うことが常識で、放し飼いする無責任な飼育とは異なります。
あまやかして自由に育てることは、ネコをわがままにする場合もあります。良いこと悪いことのしつけは子ネコの時からしてください。

お手入れのぽいんと

定期的にブラッシングしてください。ブラシを選ぶときは、静電気を防ぐためにじゅう毛のブラシをおすすめします。

 

前のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ