使い方・用語説明

アメリカン・ボブテイル

 アメリカン・ボブテイル

中くらいのサイズで、かたはばが広く、ガッシリとした筋肉で、たくましい姿をしたネコです。特ちょうのある短いしっぽは、まっすぐなシッポ、結んだようなシッポ、巻いたシッポ、といますが、短くとてもはっきりした長さが必要です。
はばのある大きな頭部、目は大きな卵型で、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれるかざり毛があり、下あごがガッシリとした力強い顔つきです。

【原産国】
アメリカ
【発祥年代】
1960年代
【毛の種類】
中毛
【毛の色】
スポット
【目の色】
ゴールド

外見のとくちょう

中くらいのサイズでたくましい姿をしています。
特ちょうのある短いシッポは、まっすぐなシッポ、結んだようなシッポ、巻いたシッポといますが、日本で多いのは中くらいのシッポです。
大きな頭部、目は大きな卵型、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれるかざり毛があり、下あごがガッシリとした力強い顔つきです。
ダブルの毛はやや長く、シッポには他よりも長い毛が生えています。
すべての毛色が認められています。

毛のとくちょう

ダブルの毛はやや長く、シャギーであらい感じで立つように生え、シッポには他よりも長い毛が生えています。すべての毛色が認められています。

性格

人なつこくこうき心がおうせいで、だれからも愛される優しい性格をしています。

歴史

1960年代にアリゾナ州のリゾート地、アメリカ先住民族の居留地で、休かを楽しむネコ好きのサンダース夫婦によってみつけられた、スポッテッド・タビー(はん点のしま模様)の毛色で、短いしっぽのオスネコがきそになっています。
一時期は近親交配によるへい害もありましたが、エバンス氏を筆頭とした愛好者によって、いろいろなネコ種との交配ではんしょくが続けられ、1989年にTICAで認められました。
アメリカ大陸に生息する野生ネコの「リンクス」をイメージしたといわれ、中くらいの耳の先にはリンクス・ティップと呼ばれるかざり毛があり、下あごがしっかりと力強く、野生味にあふれた顔つきに優しさが加わっています。
まだまだアメリカでも数少ないネコ種で、近親のへい害をさけるためにメインク−ンとの交配が認められ、短いしっぽのメインク−ンともいわれています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ツメとぎでカベ紙や家具が傷つかないようにするのには、材質を選んでください。遊び道具を工夫したり、こまめにツメ切りをするとよいでしょう。

お手入れのぽいんと

もつれにくい毛質なので手入れも簡単です。ややあぶらっぽい場合はシャンプーが必要になりますが、ふだんは蒸しタオルでマッサージしてください。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ