使い方・用語説明

マンクス(ショート&ロング)

 マンクス(ショート&ロング)

イギリスのマン島生まれのシッポの無いこのネコは、とてもユーモラスな姿です。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1901年
【毛の種類】
短毛と長毛
【毛の色】
全色
【目の色】
カッパー(白毛はブルーもあり)

外見のとくちょう

とても丸い頭部をもち、丸みのあるほお、ガッシリした下あご、目の丸さは、あまくてやさしい印象をあたえています。深さのあるはば広い胸、かたからおしりにかけて丸くなり、バランスを取るために非常に発達したでん部、後ろ足が長くて腰高(こしだか)の体形なので、子ネコの動きはウサギのようにとびはねるようでとってもユーモラスです。

毛のとくちょう

短毛種と長毛種があり、毛質は共に密生していて、分厚くて重いダブルコート、とても光たくがあり、フカフカしただん力をもっています。

性格

愛らしさとひょうきんさを見せ、子ぼんのうなネコとしてやさしい性格をしてます。

歴史

シッポのないユニークなネコは、数百年も前にイングランドのおきにあるマン島で自然はっしょうしたネコです。その起源については、おもしろいお話しが数多く伝えられています。「ねずみを追いかけていたネコが、ノアの箱船に一番最後に飛び乗ったため、閉まるドアにシッポをはさまれたためシッポがなくなった」「マン島を住処にしていた海ぞくは陸でしゅりょうをするとき、ネコのシッポをぼうしのかざりにすると音を立てずにえものに近づけると信じていたので、マン島のネコのシッポは全部切り取られてしまった」などです。
今でもこの島のネコはシッポが短かったり、無かったりするように、現実には島内の近親的な交配からとつぜんへんいとして発生したようです。またシッポなしネコを3代続けて交配すると、ち死遺伝子の働きで子ネコが生まれないように、はんしょくには正しい遺伝学の知識が必要です。
マンクスの長毛種は、1979年に「キムリック」の名しょうで登録が始められ、現在では、マンクスのロングヘアー部門に統一されています。日本ではまだめずらしいマンクスは、ペットとしてもショー・キャットとしても楽しみなネコ種です。

ペットとして飼う場合

飼育環境

新しい家庭にもすぐ慣れる順応性をもったネコです。
必要なネコ用具は洗えるものが便利です。

お手入れのぽいんと

季節の変わり目などに大量の毛が一気にぬける時期をかん毛期といい、中には季節外れの時期にかん毛するネコもいます。ぬけ毛が目立つときは、ちょっとぬらした手のひら、固くしぼったおおしぼりによるマッサージが効果的です。

 

前のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ