使い方・用語説明

ペルシャ猫(二毛、三毛・バイカラー部門)

 ペルシャ猫(二毛、三毛・バイカラー部門)

ゴージャスな長い毛のネコは、「ネコの王様」と呼ばれています。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1800年代
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
単色、縞、複合色、二毛など多数
【目の色】
カッパー(輝いた銅色)

外見のとくちょう

血統ネコを代表するペルシャネコは、「ネコの王様」と形容されています。丸くて大きな頭には、小さな耳がついています。まん丸で大きな目、ペシャンとつぶれた短い鼻など、やさしさにあふれた表情をしています。短くて太い首、かたはばが広く短いどう体、足もしっぽも短い、正方形の体形です。

毛のとくちょう

長いひ毛が体全体をかざり、特に首まわりの毛はゴージャスです。人気のあるバイカラー部門には、ニ毛のブラック&ホワイト、ブルー&ホワイト、レッド&ホワイト、クリーム&ホワイトなどがいて、三毛にはブラックとレッド&ホワイトのキャリコ、ブルーとクリーム&ホワイトのダイリュートキャリコ(うすい色の三毛)がいます。また、しまとホワイトの毛色もいます。

性格

大人になると、ゆったりとした性格です。

歴史

400年以上も昔からトルコに伝えられていたアンゴラネコは、ラクダ商人によって貴重品としてあつかわれ、シルクロードを通ってヨーロッパや中国に運ばれました。そのアンゴラネコは、どう体が長くひ毛は首まわりの毛とおしりの毛はフサフサしていましたが、体の毛は中くらいの長さでした。そしてそのアンゴラネコにアフガニスタンなどの中近東から来た「どう体が短くてひ毛もやや長いネコ」が交配され、長い年月を経てペルシャネコの原型が誕生しました。やがてイギリスにわたったペルシャネコは、イギリス人によって改良されて、現在のかれいなペルシャネコが生み出されました。
1871年、世界ではじめて開さいされたロンドンのクリスタルパレスのキャット・ショーには、まだらな不せん明な毛色の長毛の中に、単色(白、黒、ブルー)のペルシャネコが出場して注目されました。また、このころから次つぎに新しい毛色のネコが生み出され、19世紀の終わりにアメリカに輸出されました。
血統登録がスタートしたのは1896年で、すでに人気のあったペルシャネコは、血統ネコの代名詞になっています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

長毛のぬけ毛はどうしても部屋に散らかります。ジュウタンよりも板の間だと、そうじが簡単です。

お手入れのぽいんと

月に2回程度の定期的なシャンプーが必要です。子ネコのときから自分で洗ってあげれば、シャンプーの技術も上手になるでしょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ