使い方・用語説明

ペルシャ猫(ヒマラヤン)

 ペルシャ猫(ヒマラヤン)

海のように、空のように青い目、シャムのポイントカラーをもつ、長いひ毛のネコを作出することは、長年の夢だったのです。

【原産国】
イギリスとアメリカ
【発祥年代】
1955年
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
ポイントカラー
【目の色】
ブルー

外見のとくちょう

丸く大きなはば広い頭に小さな耳がついて、大きくてまん丸な目はブルー、愛きょうのある短い鼻です。かたはばが広くて短いどう体、あしもしっぽも短くて、正方形の体形です。

毛のとくちょう

長いひ毛が体全体をかざり、特にエリ毛はゴージャスでしっぽはフサフサしています。白い体色に耳、口元、あし、しっぽにこい毛色があるのがポイントカラーで、青い目の美しいネコです。

性格

人ともネコとも仲良しになれるように性格は陽気で、おすましなところもあります。

歴史

長くてゴージャスなひ毛とズングリとした体形はペルシャネコ、ポイントカラーの毛色(耳、口元、あしの先、しっぽの先たん部分にだけこい毛色がつく)とブルーの目色はシャムネコ、両きょくたんのネコ種の組み合わせは、まさに夢のネコの誕生でした。この新しいネコ種を作出する試みは1920年代にスタートしていますが、それ以前にもフランス、ドイツなどヨーロッパ各地にこのヒマラヤンに近いネコ種がいたことが記録されています。数多くの人びとがチャレンジしましたが、この夢のネコの作出に初めて成功したのは、1930年代の初期、アメリカのコップ女史で、それを引きついでイギリスのウェップ氏が1938年にポイントカラーの長毛ネコ、すなわちヒマラヤンのきそになるネコを誕生させました。
第二次世界大戦中ははんしょく計画も中断しましたが、約20年間にわたり多くのブリーダーによって改良が続けられ、1950年代になってイギリスとアメリカのネコのクラブで新しいネコ種として公認されました。
初代のアメリカンチャンピオンに選ばれたのは、ゴーフォース女史のはんしょくした「ラクチーター」という名前のネコで、かの女によって「ヒマラヤン」の名しょうが提唱されました。
現在では、ペルシャネコの毛色の中の1部門のヒマラヤンとして認められています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

じょうぶで陽気なネコなので、転げるようにしてよく遊びます。白い毛が長くてたっぷりしているので、ぬけ毛が部屋に散らからないようにそうじに便利なフローリングのゆかがよいでしょう。

お手入れのぽいんと

長い毛のヒマラヤンを美しく保つためには、毎日のクシ入れと月2回程度のシャンプーが必要です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ