使い方・用語説明

ペルシャ猫(シェーデット部門)

 ペルシャ猫(シェーデット部門)

アイラインに包まれたエメラルドグリーンの大きな目が魅力的です。チンチラの毛色は白い毛の先だけ黒色がついています。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1880年
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
チンチラ、ゴールデンなど
【目の色】
濃いグリーン

外見のとくちょう

かたはばが広く短いどう体、短くて太い首、足もシッポも短い、正方形の体形です。シルバー・ペルシャネコの最大のみりょくは、黒いアイラインにふち取りされたエメラルドグリーンにかがやくまん丸で大きな目です。丸くてはば広い頭に小さい耳、短い鼻は、みけんにくぼみがあり、鼻先には、黒いふち取りがあります。

毛のとくちょう

長いひ毛が体全体をかざり、特にえりまきの毛はゴージャスです。毛色にはチンチラ、シェーテット、ゴールデンなどがいます。目の色はこいグリーンです。

性格

ややきつい性格の猫ネコが多いようです。

歴史

シルバー種のルーツは、1880年代の初め、イギリスのバレンス女史により、スモーク(毛の上半分に色がある)とシルバー・タビー(しま模様)のペルシャネコが交配されて、そこから生まれたメスネコをきそにしてせんたく交配がくり返され、しま模様を少なくすることで毛先にだけ色があるチンチラシルバーが生まれました。最初のシルバーのネコは「シルバーラムキン」という有名なオスネコで、17さいの長じゅをまっとうして、ロンドンの自然博物館にはくせいとなって展示されています。
アメリカにわたったのは1900年代のはじめで、またたくまに人気をえました。いっぱんには「チンチラ」の呼び名で知られて日本で人気の高い毛色ですが、専門的にはペルシャネコの毛色の部門のひとつで、シェーデット(かげのある毛色)部門のチンチラ・シルバー」です。

ペットとして飼う場合

飼育環境

きれいに手入れされたチンチラは置物のようですが、白くて長い毛がぬけると部屋が散らかります。そうじのしやすいガフシート(クッションフロアー)やフローリングがよいでしょう。

お手入れのぽいんと

長毛の美しさを保つためにはシャンプーが大切です。成ネコになってからシャンプーに困らないように、小さいころからしつけましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ