使い方・用語説明

ブリティッシュ・ショートヘアー

 ブリティッシュ・ショートヘアー

イギリスの家庭ネコが、そのルーツです。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1901年
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ブルーの単色など多数
【目の色】
カッパー(白色のみブルーもあり)

外見のとくちょう

イギリス人の愛する力強い体形のネコは、骨太で中くらいの長さのあし、厚くはば広い胸、引きしまったボディをしています。丸くてどっしりとした頭、全体に丸い顔には、大きく開いた目、口元はしっかりして丸みがあります。

毛のとくちょう

短く非常に密生したひ毛で、毛色は数多いのですが、ブルーやクリーム好まれています。

性格

堂どうとしたかんろくを感じさせるネコで、喜ぶと犬のようにしっぽをふって自己アピールします。

歴史

そのルーツは古い古い歴史をほこり、2000年以上も前にローマ人がイギリスにもちこんだといわれるネコの子孫です。イギリスの家庭に飼われていたネコが基そになって、確立されました。血筋は、ヨーロッパではヨーロピアン・ショートヘアーと呼ばれているネコと同じです。
1800年代には人びとに知られて、1901年にイギリスの自国のネコとしてスタンダードが決められ、血統登録されました。アメリカン・ショートヘアーの第一号も、実はこのネコのようです。
古くから知られていましたが、アメリカにはアメリカン・ショートヘアーがいたためか、CFAで公認されたのは、1980年代に入ってからです。日本にはレベルの高いネコが輸入されて、熱心なブリーダーによってはんしょくされています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ノッタリとしたイメージですが、よく遊びよくねむります。お気に入りの場所には、ネコ用の座布団を置いてあげましょう。

お手入れのぽいんと

ぬけ毛の季節には、ぬれた両手でマッサージを、3日に1度の割合でしてあげてください。蒸しタオルでふくのもよいでしょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ