使い方・用語説明

ハバナブラウン

 ハバナブラウン

卵型の目はこいグリーン色にかがやいています。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1950年代
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ブラウン系
【目の色】
こいグリーン

外見のとくちょう

中型で、筋肉が発達しています。特ちょう的な顔は、頭部は横よりも縦に長く、頬がへこんで、口元が飛び出したようにプックリして、卵型の目は、こいグリーンにかがやいています。

毛のとくちょう

ピタリと体に張りついた短い毛質で、なめらかでやわらかい手ざわりです。毛色はリッチなイメージで暖かみのあるブラウン。ピカピカとした光たくがみりょくのポイントです。

性格

好き心が強く外交的で、とても優しいネコです。

歴史

美しいチョコレート色の短毛ネコの歴史はイギリスで始まり、古くは、1800年代の記録に残されています。本格的な新しいネコ種としてのはんしょくは、第二次大戦後の1940年代の後半からスタートして、ブラックの家庭ネコとシールポイント(アザラシ色)のシャムネコが基そになっています。ハバナブラウンの名しょうの由来は、ハバナの最高級の葉巻タバコと同じ赤かっ色の毛色をしていることから名づけられています。
1954年にはイギリスにおいて「チェスナットブラウン・フォーリン」の名しょうで血統登録され、まもなく、アメリカにわたりました。CFAでは「ハバナブラウン」の名しょうで、1964年に公認されました。最初のころは、キャット・ショーで勝ち続けたことから人気も高まったのですが、現在、アメリカにおいても非常に数が少ないネコ種です。

ペットとして飼う場合

飼育環境

とてもよく動き、高い場所が大好きです。ロープを巻いた柱や自然木を利用して、ネコのお気に入りのネコツリーを作ってあげてください。

お手入れのぽいんと

両手でのマッサージで、光たくのある毛質になります。サラッとした毛づやはあぶらっぽい感じとは異なるので、もっと美しくしたいときはシャンプーが決め手になります。

 

前のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ