使い方・用語説明

バーミーズ

 バーミーズ

東南アジアからアメリカにわたったこのネコは、赤かっ色にキラキラかがやいた毛色、小がらな体は筋肉のかたまりです。

【原産国】
アメリカ(東南アジア)
【発祥年代】
1930年代
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
赤褐色、シャンペンカラー
【目の色】
ゴールド

外見のとくちょう

頭や顔には丸みがついて、前から見ても横から見ても平らな部分がありません。目は大きく開き、はなれてついているので愛らしさがあります。あご先は力強く、正しいかみ合わせです。
かたやどう体、でん部が発達して小がらで、ポパイのような筋肉質な体をしています。

毛のとくちょう

短いひ毛は光たくがあり、体に張りついています。毛色は基本になるセーブル部門と、シャンパン、プラチナ、ブルーのダイリュート部門があります。

性格

ピエロのようだといわれるように、とても陽気で、病人や老人をいやすネコとして知られています。

歴史

バーミーズに似たネコが、タイ国のアユタヤ王朝の時代(1350〜1967年)の書物にびょうしゃされているように、かなり昔から貴重なネコとして、王室や貴族の間で大切に飼育されてきました。
やがて1930年、航海士により1匹のかっ色の短い毛の「ウォンマウ」という名のメスネコがアメリカにわたり、カリフォルニアに住むDr.トンプソンに飼育されました。ドクターは遺伝子学に基づいて、ウォンマウをシャムネコと交配したり、近親交配でアメリカ人が好むと考えられる小がらでポパイのような筋肉質なかっ色のネコを生み出しました。
1936年にCFAで公認されるとばくはつ的な人気をえて全米に広がりました。そのはんしょくの競争はエスカレートして、近親交配などいろいろな障害をもたらしましたが、現在では、きょくたんな特ちょうを和らげるように、スタンダードの変こうが行われ、問題は解決してきています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

小がらで陽気なこのネコは、遊びが大好きで、すばやい動きをします。部屋の工夫は広さよりも高さについて、階段の利用やネコたななどを考えましょう。

お手入れのぽいんと

両手でマッサージすればピカピカした毛づやが出ますが、絹の布を利用すれば、ひときわかがやきが増して美しくなります。油質のネコには人間用のクレンジングフォームがおすすめです。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ