使い方・用語説明

バーマン

 バーマン

足の先に純白のタビをはいた長毛のめずらしいこのネコは、「ビルマの聖ネコ」と呼ばれています。

【原産国】
フランス(ミャンマー)
【発祥年代】
1925年
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
ポイントカラー(四肢の先は純白)
【目の色】
ブルー

外見のとくちょう

はば広く丸みのある顔、優しい顔つき、丸い目はサファイアのブルーで、鼻筋はわずかに盛り上がっています。ボディは長く、胸はばも広く、筋肉質でガッシリとした体形、がんじょうそうな太い足、それぞれの足先には純白のタビをはいています。

毛のとくちょう

毛は長く、絹のようななめらかさで、もつれることが少ない毛質です。毛色はシール、ブルー、チョコレート、ライラックの4色のポイントカラーです。

性格

優しくてあまえんぼうですが、気高くてめったに鳴き声を出さないネコです。

歴史

古くからビルマの寺院で飼われていた、自然発生の長毛のネコです。寺院で飼育されていた「ビルマの聖なるネコ」にふさわしく、足先には純白のタビをはいていました。長いひ毛、サファイア・ブルーの目色、そして白い体にポイントの毛色が美しく、非常に貴重なネコとして知られていました。
1919年、オスとメスのネコがフランスにわたり、フランスのゆいしょある寺院で大切に飼育されていました。そしてメスネコが子ネコを産み、次第に数も増えて、最初にフランスで血統登録をされたのは、1925年です。やがて神秘と伝説に包まれためずらしいこのネコは、ヨーロッパ全土に知られるようになり、イギリスでは1966年に認められました。アメリカにしょうかいされて、1967年にCFAにより公認されています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

長毛の大がらなネコを育てるには、のびのびできる自由なかんきょうが大切です。トイレを清潔にするのには毎日そうじが必要です。

お手入れのぽいんと

もつれることの少ない長毛ですが、毎日のクシ入れが大切です。月に1度はシャンプーをしてください。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ