使い方・用語説明

ノルウェージアン・フォレスト・キャット

 ノルウェージアン・フォレスト・キャット

海の王者、バイキングを思わせるたくましい筋肉質の体のネコです。

【原産国】
ノルウェー(北欧)
【発祥年代】
1800年代
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
数多くの毛色
【目の色】
グリーン又はゴールド

外見のとくちょう

ガッシリした力強い体形は、短い首、先の丸いしっかりした足、かたはばのある短いどう体で、たくましさにあふれています。大きな耳が広がってついた正三角形の顔、大きなアーモンド形の目は、ややつりあがっていて神秘的、高い鼻筋はまっすぐでじへこみはありません。

毛のとくちょう

ひ毛は下毛と上毛が重なり合ったダブルコートで、雨水をはじくように油っぽい感じがします。毛色は単色、シルバー系、しまなど、様ざまな毛色が認められています。

性格

がんじょうで健康的、とてもおとなしく、飼い主をこよなく愛するネコです。

歴史

地元ノルウェーでは、昔から森林にすむと伝えられているネコがいて、「ノルクスカット」(カットはネコの意味)と呼ばれていました。次第に人びとに大切に飼育されるようになり、北ヨーロッパの神話に登場する「ようせいのようなネコ」といわれるようになりました。厳しい寒さから身を守るために長くて分厚い毛に包まれていて、体形はガッシリした力強いネコです。
やがて1977年にイギリスのネコ協会で公認され、1979年にアメリカにしょうかいされました。アメリカで誕生したメインクーン・キャットの祖先とも伝えられ、また外見がメインクーン・キャットに似ていることから長い間未公認でしたが、愛好者の努力で顔つきや体形のちがいが明確にされ、1993年にCFAで公認されました。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ネコは、暑いときにはすずしい場所をみつけ、寒いときにはダンボールの箱を上手に利用します。一番困るのは、冷暖ぼうのスイッチを入れたり切ったりして、部屋の温度が急激に変化することです。部屋の温度はなるべく一定に保ちましょう。

お手入れのぽいんと

夏の前にはぬけ毛でうす着になり、冬の前には新しい毛が生えて分厚いコートを着たようになります。季節の変わり目に上手にシャンプーしてあげましょう。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ