使い方・用語説明

ソマリ

 ソマリ

アビシニアンから生まれた長毛ネコは、やや長めのシルキーな手触りの毛で、味わいのある毛色をしています。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1930年代
【毛の種類】
中毛(短毛の部)
【毛の色】
ラディ、レッド、ブルー、フォーンの4色
【目の色】
ゴールドからグリーン

外見のとくちょう

どう体はよく発達した筋肉質で、今にもジャンプしそうな体形です。あしは、ややほっそりとしています。やや丸みのある三角の顔は、大きな耳と、大きなアーモンド型の形の目をして、そのかがやく顔は表情に富んでいます。

毛のとくちょう

ひ毛は中くらいの長さですが、特にエリの毛はゴージャスで、オスのライオンのタテガミに似て、シッポは長い毛がふさふさして「キツネのシッポ」と呼ばれています。特ちょう的なティックドタビー(1本1本の毛がのうたんに染められ、全体ではあやおり物のようなイメージ)の毛色は、ラディ、レッド、ブルー、フォーンの4色が認められています。

性格

ソマリは活発で、よく遊びます。

歴史

血統管理のされないころ、1930年代にイギリスでアビシニアンの長毛種として登録された記録があるように、短毛のアビシニアンの一部の系統から、ごくまれに長毛のメコが生まれる事は、古くから知られていました。そして、長い年月の間、時折生まれるこのネコは、アビシニアンの血統登録からは除外されていましたが、ブリーダーたちの努力で改良が重ねられました。1978年に独立したネコ種「ソマリ」としてCFAで公認されると、急速に愛好者の増加がみられました。
近年、日本では愛好者のグループによるはんしょく活動でレベルの高いネコが数多く生まれ、世界にほこれるネコ種になっています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ソマリは活発でよく遊びます。ビニール製のひもなどを口にしないように注意してください。

お手入れのぽいんと

油っぽい毛質のこのネコは、毎日のクシ入れだけでは美しさが保てません。シャンプーをするときには、油落としのために、人間用のメイク落とし水よう性クリームが便利です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ