使い方・用語説明

セルカーク・レックス

 セルカーク・レックス

アメリカで生まれた太っちょボディの巻き毛のネコは、どう体は筋肉質で長方形、ややおしりが高くなり、あしは骨太でがっしりしています。頭は丸く、ほおもふっくらして、全体がぽっちゃりした丸顔です。

【原産国】
アメリカ
【発祥年代】
1987年
【毛の種類】
短毛と長毛(巻き毛)
【毛の色】
全色
【目の色】
全色

外見のとくちょう

どう体は骨太で筋肉質で長方形。頭は丸く、目は大きくて丸く、ほおもふっくらとして、全体が丸いネコです。

毛のとくちょう

長毛の血統が用いられたせいか、他のレックスよりも毛はやや長いため、大きな波状に巻いています。モコモコしたイメージですが、このネコの優しゅうなタイプは、一見するとモップのようなひ毛をしています。

性格

おっとりとした性格で、少しょう乱暴にしてもおこることが少なく、子どものいる家庭にも最適なネコです。

歴史

「レックス」は巻き毛のネコの総しょうですが、すでに公認されたイギリス生まれのコーニッシュ・レックスやデボン・レックスの他にも、ドイツのジャーマン・レックス、アメリカのオレゴン・レックスなど、世界各地で見つかっています。このセルカーク・レックスは、1987年にアメリカで発見されたもっとも新しい巻き毛のネコです。
ワイオミング州に住むバヒーズ女史は、モンタナ州にあるペット救済センターでふつうの家庭ネコから、ちょっとめずらしいチリチリのひ毛をした三毛の子ネコをみつけました。このネコはペルシャネコのブリーダーであったニューマン女史にゆずられました。ブラックのペルシャネコと交配すると6匹の子ネコを生み、半分の3匹が母ネコと同じ巻き毛のネコだったのです。
熱心なブリーダーによってはんしょくされ、アメリカでは数年前からキャット・ショーでキャンペーンをしていますが、まだまだ完成とちゅうのネコ種のようです。

ペットとして飼う場合

飼育環境

あまり鳴くことがなく、場所を選ばずに新しい家にもなれやすいネコです。

お手入れのぽいんと

あまり散らかる毛質ではありませんが、ややあぶらっぽい体質のため、毛がもつれないように定期的なシャンプーが大切です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ