使い方・用語説明

スコティッシュ・フォールド(長毛)

 スコティッシュ・フォールド(長毛)

小さな耳がちょこんと折れたまん丸顔は、アンパンマンのイメージ。スコットランドで発見された、とつぜん変異ネコからはじまった種類です。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1961年
【毛の種類】
長毛
【毛の色】
全色
【目の色】
毛色に適合

外見のとくちょう

中くらいの大きさで丸みのあるどう体、しっぽはしなやかさが大切で、より長いほうが良いです。大きな丸い頭に、ちょこんと前向きに折れた小さな耳がついて、まるで、水泳のぼうしをかぶっているようです。目はまん丸で大きく表情を明るくしていて、ほおもふくよか、口元のヒゲの部分はプックリとふくらんでいます。

毛のとくちょう

短毛と長毛がいて、毛はビロードのようにやわらかな手ざわりで厚みがあります。数多くの毛色が認められています。

性格

やさしい性格の子が多いです。

歴史

1961年、スコットランドの農場で生まれた1ぴきのメスネコは、ちょこんと前向きに折れ曲がった不思議な耳をもっていました。そして、発見したロス夫妻により「スージー」と名づけられました。この耳の遺伝は優性遺伝だったので、最初はふつうの耳をした家庭ネコやブリティッシュ・ショートヘアーに交配されて、少しずつ折れ耳のネコの数を増やしました。
とても愛らしいネコですが、近親交配のき形であることを理由にイギリスのネコクラブでは公認されませんでしたが、やがてアメリカにわたり、ブリーダーによってはんしょく計画のプログラムが確立されました。アメリカン・ショートヘアーと交配され、健康な骨格のネコがはんしょくされると、またたく間に愛好者も増えて、1978年にCFAにより公認されました。
現在では、長毛、短毛のスコティッシュ・フォールドが公認され、人気の高いネコ種になっています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

性格がおだやかで骨格的にも健康なネコは、とても飼いやすく、特別な飼育かんきょうは必要ありません。いつでもいっしょにねおきできれば、ネコも飼い主も幸せになれるでしょう。

お手入れのぽいんと

長毛のネコの手入れは、毎日のクシ入れとシャンプーが基本です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ