使い方・用語説明

スキフ・トーイ・ボブテイル

 スキフ・トーイ・ボブテイル

ロシア生まれの世界で一番小さな猫です。

【原産国】
ロシア
【発祥年代】
1980年代の中期
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ポイントカラー
【目の色】
ブルー

外見のとくちょう

最大のとくちょうは、成ネコになっても平均体重が「メスは1.kg、オスは2kg」くらいにしかならない、とても小さなその体です。短いどう体ですが、かたはばが広くて分厚い胸をし、筋肉が発達しているので、見た目よりも重量感があります。短いシッポはちょんぎれていたり、曲がったりしています。丸みのある頭に中くらいの耳、ブルーの目は大きくパッチリと開いて、いたずらそうにかがやいています。

毛のとくちょう

シングル・コートですが、密生していて、さわるとややかたい毛質です。毛色は白い体色に、耳、口元、足、シッポにこい色のあるポイントカラーです。成ネコになると体色が次第にこくなりますが、ポイントの色とはコントラストされています。

性格

まったく物おじしないので、人もネコもすぐに仲良しになります。

歴史

スキフ・トーイ・ボブテイルの歴史はとても新しいです。1980年代の中期、ロシアの港町、ロストフ・ナ・ドヌ市に住んでいたリュドミーラさんが、夕方、仕事の帰り道ばたで2ひきの捨てネコを見つけました。オスとメスのシャムネコ、「スィーマ」と名づけたメスネコはとても体が小さく、「ミーシュカ」と名づけたオスはしっぽが短くて曲がっていました。このペアのネコの間から生まれた子ネコたちは、みんな体が小さくシッポにけっかんがあったので、知り合いのネコ好きな人たちに里子に出されていました。
1988年のある日、いつもよりもっと小さな体でシッポの短いオスのネコが生まれて、「クーツィイ」(ロシア語で「シッポを失った」という意味)と名付けられました。このネコをネコクラブの人びとにみせたところ、この小さなオスネコをきそにして、「小さなネコの品種を生み出そう」という案が持ち上がりました。
「クーツィイ」はモスクワのキャットショーで大評判になり、マスコミにも取材をされ、やがて、ヨーロッパのショーにも出ちんされて、名よあるインターナショナル・チャンピオンのしょう号をかくとくしました。

ペットとして飼う場合

飼育環境

どんなかんきょうにもすぐなれてくれます。とても活発に遊ぶので、物がこわされないように、部屋の整理整とんを心がけましょう。高いところが大好きですから、ネコタワーなどを工夫してみてください。

お手入れのぽいんと

毛の手入れに関しては、手間のかからないネコです。いっしょに遊ぶときに両手でマッサージをするようにすいてください。ぬけ毛の季節は、両手をぬらすと毛が散らかりません。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ