使い方・用語説明

シンガプーラ

 シンガプーラ

シンガポールの街角で発見された小さなネコは、クリクリッとした目玉と大きな耳、短い毛をした、セピアの毛色の小いきなネコです。

【原産国】
シンガポール
【発祥年代】
1970年代
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
セピア(ティックド・タビー)
【目の色】
ヘイゼル、グリーン、イエロー

外見のとくちょう

やや小型で、ずんぐりとした筋肉質の体形で、みじかくて太い首、丸みのある顔、短めの顔はほおの部分にくぼみがあります。あごの先っぽはよく発達していて、著しく大きな耳と大きな目をもち、バンビのような愛らしい表情のネコです。

毛のとくちょう

体に張りついた細くて非常に短い毛は、全体的に見ると洗練されたセピアの毛色で、1本1本の毛に色ののうたんがある、ティックドタビーの模様をしています。

性格

元気によく遊び、とても陽気で人なつこいネコです。

歴史

1974年、シンガポールに住んでいたアメリカ人のメドウ夫婦は、街角で3ひきのネコをみつけました。そのネコたちは、とても小さくて、独特の表情をしていました。翌1975年に帰国した夫婦は、このネコたちを連れて帰国し、「シンガプーラ」と名づけて新しいネコ種のはんしょくを始めました。1980年には、他のはんしょく者がシンガポールに観光に行き、同じとくちょうをもつネコを連れて帰りました。
CFAで第一段階の血統登録が認められたのは1982年で、このネコの人気は急速に拡大し、やがて、1988年に公認されるに至りました。日本にも熱心なファンがいます。

ペットとして飼う場合

飼育環境

どんなかんきょうにも順応しますが、飼育頭数の目安は四じょう半に1ぴきくらいです。

お手入れのぽいんと

短い毛のネコ種の手入れは、毎日のマッサージがピカピカの毛づやの否決です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ