使い方・用語説明

コラット

 コラット

独特のハート型の顔は「愛」、銀色にかがやくブルーの毛色は「タイのこうかの色」、このネコは「幸せを呼ぶネコ」と信じられています。

【原産国】
タイ
【発祥年代】
1800年代
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ブルー
【目の色】
グリーン

外見のとくちょう

胸はばが広く、前あしの間も広く、ボディは筋肉質、中くらいで背はカーブしています。頭の形は特ちょうのあるハート型で、目は大きく丸く、目と目の間が開いて、耳は大きく先たんに丸みがあります。
ひ毛は短くて光たくがあり、細くピタリとねていて、毛色は毛先がシルバーにかがやくブルーで、目色はグリーンです。

毛のとくちょう

毛質は短くて細くピタリとねて光たくがあり、シルバーブルーの毛色です。

性格

用心深く、周囲の変化にびんかんです。

歴史

非常に古い歴史をもつネコで、何百年もの間タイ王国で大切に飼育されてきました。コラットは、発っしょう地のタイ国でも希少なネコで、非常に性格がよいため、人びとからは「幸せを招くネコ」として愛され、最高のプレゼントとして特別な人にだけゆずられたようです。
アメリカでは1906年にニューヨークのロビンさんが所有して、タイ式の「シーサワット」の名しょうでデビューしています。本格的なはんしょく活動は、1959年に「ナラとダダーラ」という名のペアの2匹が輸入され、次第に数を増やしていって、やがて1966年に公認されました。日本では1980年ころに人気を集めたことがあります。現在は希少なネコになっていますが、映画の「わがはいはネコである」に出演したり、多くの芸能人に飼われていることで知られています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

ショップにいけば何でも手に入りますが、ロープを巻いた登り木やダンボール箱のねどこなど、手作りも楽しいでしょう。

お手入れのぽいんと

ピタリと体に張りついたようなシングルコートの毛は、なでてあげることでツヤを増します。ネコの手入れは、スキンシップをかねて、遊ぶような感覚が大切です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ