使い方・用語説明

オリエンタル

 オリエンタル

シャムネコから生まれて、きょくたんに長くて細い体形に三角の長い顔の全身にカラフルな毛色をもったネコです。

【原産国】
イギリス(アメリカ)
【発祥年代】
1960年代
【毛の種類】
短毛と長毛
【毛の色】
ポイント・カラーを除く全色
【目の色】
グリーン(白毛のみブルー可)

外見のとくちょう

どう体、首、あし、しっぽの全てがきょくたんに細く長く、顔はえい角のV字形で、ひときわ大きな耳が開いてつき、長くてストレートな高い鼻筋がシャープさを強調しています。アーモンド型の切れ長でつりあがった目には、オリエンタル・ムードがただよいます。

毛のとくちょう

シングルの短い毛は、ピタリと体に張りついて光たくがあります。ポイント・カラーを除くすべての毛色が認められています。グリーンの美しい目色をしています(ホワイトの毛色にはブルーの目色、金目、銀目もみとめられています)。

性格

いつも飼い主の側にいるのが大好きで、おしゃべり好きであまえんぼうです。

歴史

ポイント・カラー(耳や足先、しっぽにだけ毛色がついている)のシャムネコを基に、全体にカラフルな毛色のあるネコを作出することは、1950年代のイギリスで始められ、最初にチョコレート色のネコが誕生しました。1960年代には、ラベンダーやしま模様が生まれ、この新しいネコ種は世界中に注目されました。1970年代には白や黒の単色、スポット模様など、数多くの毛色を作出して、1977年CFAにより公認されて、人気ネコになりました。
始めは短毛種だけでしたが、近年そこから生まれたオリエンタルの長毛種が公認されたことで、名しょうも「オリエンタル・ショートヘアー」から「オリエンタル」に変こうされました。1980年代には日本にも輸入されてキャット・ショーでかつやくしましたが、しばらく人気は低迷していました。しかし、近年新たにゆうしゅうなオリエンタルが輸入され、再び人気が高まってきました。

ペットとして飼う場合

飼育環境

スピーディな動きでいつも遊んでいるイメージです。高いところに上がって物を落とさないように、たなの上にも注意が大切です。

お手入れのぽいんと

いっしょに遊ぶ気持ちで、両手でマッサージしてください。毎日していると毛づやはピカピカになりますし、何かの異常があってもすぐに気がつき健康管理にも役立ちます。ぬけ毛の季節にはシャンプーをするか、暖かくしたぬれタオルでふくとよいでしょう。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ