使い方・用語説明

アビシニアン(ラディ)

 アビシニアン(ラディ)

よく遊び、よくねむり、かしこさも一番のネコです。

【原産国】
イギリス
【発祥年代】
1800年代の終わり頃
【毛の種類】
短毛
【毛の色】
ラディ、レッド、ブルー、フォーリン
【目の色】
ゴールドからグリーン

外見のとくちょう

筋肉質で、野性味を感じさせるやや細身の体形。引きしまった細い足がつり合って、正面から見た首筋から胸前のラインは、エジプトで出土したネコの座像に似て、とてもエレガントです。バンビのような大きな耳、やさしさにあふれるアーモンド型の大きな目、顔のりんかくはやや丸みのあるV字型です。

毛のとくちょう

毛色は、アビシニアンに代表される「ティックド・コート」で、1本1本のひ毛が3〜4色ののうたんに区切られて、全体ではあや織りしたような色さい豊かな毛色になり、太陽の下ではキラキラかがやいて見えます。
ラディの毛色は、下毛が赤みを帯びて温かさが感じられる深いかっしょくで、伝統のあるアビシニアンの基本的な毛色として強い人気があります。
その他にレッド(ほのおの赤)、ブルー(青灰色)、フォーン(あわいココア色)のものが認められています。胸のしま(ネックレス)、足のしま(バー)は、無い方がゆうしゅうで、毛の根元が黒っぽくないことが大切です。

性格

黄金の毛をもつ伝統のネコは、野性味にあふれた美しいようぼうで、人が大好きでやさしさがいっぱいです。

歴史

1874年に出版された本に「英国の兵士がアビシニア高原(エチオピア)から連れ帰っためずらしいネコ」としょうかいされ、それが名前の由来になっています。実際のはっしょうの歴史は、このティックド・コートのネコは、主に東南アジアが原産で、イギリスでは「バーニーキャット(ウサギ毛のネコ)」と呼ばれてちんちょうされ、ブラウンやシルバーの家庭ネコと交配されて、1800年代の後期には、初期のアビシニアンが誕生しました。
1896年、最初のアビシニアンがイギリスのネコ協会に血統登録され、やがて、1910年にアメリカにわたりました。ちなみに、日本に輸入されたのは1964年のことで、故・森春子先生の所有したアズリタ・ポカセット(ラディ、オス)が第一号です。

アビシニアンのみりょくは外見以上に、内面のやさしさとか利口さにあるようで、全米では長い間、常にトップの人気をほこるネコ種で、日本でも安定した人気をえています。

ペットとして飼う場合

飼育環境

とても活発なアビシニアンですが、ネコが自由に遊べるなら飼い主といっしょに生活するのが一番で、特別な飼育管理は必要ありません。

お手入れのぽいんと

アビシニアンは水遊びも好きなので、おどろかさないようにシャンプーをすると、素晴らしい毛色と光たくがえられます。ふだんは毛量の多いダブル・コートなので、ときどきブラッシングをすればよいでしょう。

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑 トップキッズgoo トップ