使い方・用語説明

秋田犬

秋田犬

【体 高】
61〜67cm
【体 重】
34〜50kg

外見のとくちょう

日本犬としてはもっとも大きな種類で、バランスのとれた筋肉質の体をしています。目は顔にくらべて小さめで三角形をしています。耳は厚くやや前にたおれていて、先が少しだけ丸くなっています。
毛色は赤、トラ、ゴマ、白などがあります。

性格

見た目に堂どうとした風格があり、日本犬らしさをもった犬種です。力が強く自我も強いので、家庭犬としての資質を身につけるためには、根気よく訓練をして、しつけをする必要があります。上手にしつければ、家族思いのよい番犬になってくれます。

歴史

ルーツは秋田マタギという北方系のりょう犬です。江戸(えど)時代に秋田地方で犬同士を戦わせる競技のために、体の大きな犬を作り出したのが始まりいわれています。
1931年には日本の天然記念物に指定されました。今日では日本を代表する犬種のひとつとして、多くの人に飼育されています。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

活動的な犬種なので、毎日たっぷりと運動させてあげましょう。

食事は、若犬や成犬では1日1〜2回が目安です。1回の場合は夕方あたえるようにします。体調を考えながら、適量を規則正しくあたえましょう。また、運動前後30分に食事をあたえることはさけましょう。

かたくてあらい短毛は、入念な手入れが必要です。春から初夏にかけての毛の生え変わりの時期には、やわらかな下毛がういてくるので、スリッカーブラシなどを使ってこまめに取り除いてあげましょう。

健康上の注意点

体形と健康を保つためには適度な運動が必要です。また、暑さに弱いので、夏場の健康管理は重要です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ