使い方・用語説明

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

【体 高】
53cm以上
【体 重】
30kg

外見のとくちょう

よくひびく声でほえます。体長と体高はほぼ同じで、バランスがとれて筋骨がたくましい体格をしてます。足は毛により太くみえますが、骨格もじょうぶでのびやかです。
毛は豊かに密生したあらく長めの上毛と、防水性のある下毛のダブルコートです。顔には、目をかくすように長い毛が生えています。色はグレー、ブルーまたはブルーマールに白いぶちか、白にブルーマールのぶちが入るタイプがいます。

性格

陽気でかしこく親しみにあふれますが、かなりな自信家でもあるので、訓練やしつけは幼犬のうちからしっかりと行いましょう。飼い主がリーダーとしての訓練をおこたると、プロの訓練士も手を焼くことになってしまいます。しっかりしつけることができれば、大食らいながらも、温厚で優しい家庭犬に成長します。

歴史

羊や牛を追わせるために、イギリス西部で作出されたといわれています。イギリスのとある会社が広告に登場させて話題になり、世界的に有名な犬となりました。

ペットとして飼う場合

飼育ポイント

走ることが好きなので、毎日2回、30分程度の速歩などによる引き運動と、庭先で行う全身運動を10〜20分程度組み合わせて行うといいでしょう。また遊ばせるだけではなく、同時にしつけを行いましょう。

食事は1日1〜2回、栄養バランスのとれたドッグフードを中心に、かんづめフードやカルシウムなどが豊富な栄養食を加えた混合食を、年れいや体調に合わせてあたえましょう。ただし、過食による肥満には十分注意しましょう。

あらく長い毛の状態を好適に保つためには、日々の手入れが必要です。少なくとも週に3回、できれば毎日下毛までしっかりブラッシングを行い。これが十分でないと、毛玉ができたり皮フ病の原因になります。もつれた長い毛は、皮フを傷つけないように切りとりましょう。定期的に専門家に任せて、手入れしてもらうといいでしょう。

健康上の注意点

豊富な毛におおわれているので、夏場の暑さに弱いです。大型犬特有の、関節の病気にも注意が必要です。

 

前のものを見る

次のものを見る

Copyright(C) 2016 PETPET All Rights Reserved

ペットペット

図鑑トップキッズgoo トップ